ただのオタクのブログ。

お買い物とか引っ越しとか断捨離とか

無駄じゃなかったと思えるもの=自分にとって意味があるもの

年が明けましたが、私は相変わらず
「自分の好きなことが分からない・楽しいことが無い・すべてが無駄に思える」という悩みでグダグタしています。

ところで先日、仮面ライダーの映画を見てきました。
予想外に面白く、ぜんぜん知らない平成ライダーたちのシーンにも謎の感動がありました。

この映画を見に行ったことは、後から思い返しても「無駄だったとは思わない」んですよね。
これはもう「単純に楽しかった=自分にとって意味があった」ということでしょう。

「これなんの意味があるの?無駄じゃない?」と思うのなら、それはもう単純に楽しくないってことなんだろう。
大抵のことは計算とか頭でやってるから、やっぱり心底は楽しくない・記憶に残らないのかな?

なんか仮面ライダーの映画は、ただただ「あー楽しかったなー」って思い返せるんだよね。
たぶん一切の計算がなかったからかもしれない。
(ただなんとなく付き合いで見に行っただけ)

ちょっとでも「何かになるかも」という頭からでた行動は、後になって「あー楽しかったなー」とは思い出せない。
それは結局楽しくない=自分にとって意味がない、なんだろうな。
(どんだけ社会的とか外的に意味があったとしても)


いま思い返して良かったと思えるもの、思えないものを書き出してみる。

【今思い出しても楽しい】
・中野のキャンディ屋さんのチョコ(うまい)
・ヒレ肉のステーキ(2000円くらいのやつ)
・ゴヤールの財布(何度みてもかっこいい)
・ジャラステのジャラ集め(出来がいい、刺さる)
・スーファミあたりのゲーム
・ドラクエコンサート

【審議中】
・3D造形
・英会話

【冷めたけど、良い思い出】
・人狼ゲーム
・初期のドラクエ10
・イラストボードにイラスト描く

【頭でやってた、良い思い出になってない】
・オタク活動全般
・旅行レジャー全般
・ほとんどの読書、映画
・音楽鑑賞

【ただの義務感】
・レシートつけ
・植物を育てる
・家事全般
・事務作業


こうしてみると、消費しか楽しいことがないなぁ。(別にいいけど)
「創造的であらねばならない」という呪いがあることは何となく自覚があるので、今年は「楽しいと思える消費」に取り組んでみようかな?

答えはよむよむ○○○!ブックオフオンライン10周年企画200円クーポン

よむよむ君トレジャーハンティング

ブックオフオンラインで、200円のクーポンがもらえる企画が1/31まで開催中です。

7文字の答えは?

下記のページから問題の答え「よむよむさがし」を入力すると、クーポンコードが表示されます。
http://sp.bookoffonline.co.jp/bookoffol/www.bookoffonline.co.jp/mbfiles/lp/treasure-hunting.jsp

決済時にクーポンコードを入力することで使用できます。
中古商品が1000円分以上ないと使えないので注意!

前の世代ほど、魂が幼い

「前の世代ほど、魂が幼い」という類の話を読んで。
このテの話は興味はあるけど、うさん臭いと思っていたのが、急にピンときました。

きっかけは、久々に母親と電話して、相変わらず母が「事務職とか公務員がいちばんいい」と信じきっているなぁと感じたこと。

むかしから「事務職=安定・安心」みたいに考える人が、私のまわりには一定数いました。
風俗系で働いてるらしき人が「風俗やめて事務とかやりたい」というのを聞いたこともあります。

なんなん、ジムって?
私からしたら、つまらんイメージしかない。
すごく古い時代の価値観の名残だろうし、もういまの日本はそういう事務神話?みたいなの無いと思うんだけど。
(労働神話じたいがすでに怪しい)


ところで。
私が幼い頃の写真って、うっすら「戦後」の残り香が見えるんですよね。
貧乏だったというのもありますが、「最近こんなトタン屋根みないわ~」というのとかね。
発展途上の国だったんだなと思うわけですよ。

だからその世代に生きてた人というのは、発展途上国の精神のままなんですよね。
うちの父ちゃんも、ナチュラルに飲酒運転とかしてたし。(何度か罰金くらって、ようやく時代が変わったことを理解したもよう)

だから、後から生まれた世代のほうが、どうしたって魂年齢?が上になりがち。
「見た目は年上だけど幼い魂の人たち」の世界観で生きてると、年齢高い魂が違和に気づいて精神病んだりするんですわ。

だって普通にアカンでしょ、飲酒運転。
とっくに終わってるでしょ、事務神話。

でも車が発明された当初は、道路交通法なんてなかったからね。
「飲酒運転しても、なあなあで見過ごされてた時代」の人が作った常識は、さすがに新しい世代は受け入れられない。

でも、前世代の礎があってこその今世代だし。
今の世代も、次世代の礎なわけだし。

魂が幼い前世代は、おつかれさん。
彼らは私たちより魂年齢が低いので、あんまり言葉は通じないかもしれないから。
ただただ、おつかれさんと言うしかない。

そして、私たちより魂年齢が高いであろう、今の子供たちは、
私らがまったく理解できないことを言ったりやったりしだすんでしょう。

だからあまり発展途上国だったころの価値観を真に受けなくていいんだなと思った。

古い価値観を説教しまくる爺さんみたいな説教好きは、あれ実はすごい魂年齢が低い人だったんだなー。

楽しくしてたら、楽しい(反復)

急にピンときたシリーズ。

楽しくしてたら万事なんかオッケーな感じがする。
「楽しんでたらすべて上手くいく!」とかじゃなくて、「すでに楽しいんだから楽しい。」みたいな。

私なんやかんやあっても、いつもどうにかなってるのって、
だめなときほどヤケクソ気味に楽しむからだと思う。

自分的には放っておいて欲しいんだけど、楽しそうな人って放っておかれないのよね。
私コミュ障なのになぜか人が集まってくるときがあって、困惑して相談したら
「楽しそうだから人が寄ってくるんちゃう?」といわれたことがあります。

あかんときほど楽しそうになるの何なんだろうね?
まぁそのおかげで、再浮上が早いんだけど。

あかんときじゃない時も、楽しくしてたらもっとええんちゃうん?
と思って、習い事をいろいろやってます。

娘がイーオンに行ってるついでに、自分も英語お試しレッスンを受け始めてみたり。
英語力マジ中1。

あと「フィギュア作りたい」というのがずっとあったのに、そういえば一度もやってなかったなと思い
短期フィギュア制作教室に通いはじめてみたり。
デジタル粘土をこねる「Zブラシ」というソフトを使うやつね。

意外と、英語のほうが面白い。
元々が中1レベルだから、上達が早いのが楽しいのかも。
Zブラシ難しいんだもんよ…。

急にいろいろやりすぎてしんどくなりそうですが。
やってみようという気になっただけ、元気になってきたように思います。

ZBrushフィギュア制作の教科書

ZBrushフィギュア制作の教科書

ジェイコムの点検営業の断り方

電波測定?を電話で断った

先日「ジェイコムとURの共同点検」と名乗る男が、玄関口に来ました。
UR公認で定期点検をするので、〇日~〇日の間で日程を約束しろとのこと。

怪しいな?と思ったんですけど、寝ぼけていたのと丁度マンションのいろんな点検時期だったためうっかり承諾。
さいごにテレビとパソコンの台数を聞かれたり、名乗りもせず名刺も置かずに帰ったのでアカンやつやと察しました。

思い起こせば1か月ほど前に、明らかに怪しい「点検をするから日程を回答しろ」チラシが入っていました。
(そのためジェイコムの名前をなんとなく覚えていたのがアダとなりました)
これをスルーすると「提出がなかったので」といって家に来られます。
※チラシに「点検(営業)を拒否します。来ないでください」と書いて回答すればいいとのネット情報もありました。

このときはアポ取りだけですが、後日の点検と称した営業ではクソ遅い回線に乗り換えるようしつこく居座られたりするそうです。

電話で断る

というわけで、カスタマーセンターに点検キャンセルの電話をしました。

玄関口に来た男は、いわば居酒屋の客引き業者のようなもの。
実際に点検営業にくるのは別の人たちです。
アポ係・訪問営業・カスタマーセンターは別々の存在なので、それぞれの文句を他に言っても意味がありません。
カスタマーセンターのお姉さんもテレアポのようなものなので、こちらも淡々とキャンセル意志だけを伝えましょう。

カスタマーに伝えた内容は、
・ここで伝えた個人情報はキャンセルにしか使わないよね?という確認
・必要な点検ということだったので承諾したが、管理に確認したら任意点検だったのでキャンセルする
・電話番号&日程は担当者が知ってるはずだし、ファーストネームは元から教えてないから言いませんよ
 (日程だけはカスタマーでは把握できないからということで伝えた)
・ジェイコムのサービスを使う気はないので、点検営業はもう来ないで欲しいと担当者に伝えて
という感じです。

ネットの噂だと、なんぼ言っても来るみたいですけどね。
次からはチラシ拒否するか、ピンポンされてジェイコムと名乗った時点で「点検拒否するのでお帰りください」の一点張りでいいでしょう。

「好きなもの」について

好きなものが無い・分からないことについて、ずいぶん長い間悩んでいたんですけどね。

幼少期ガーとか、感情の抑圧ガーとか、色々いわれるけど。
なんかそもそも、好きなことなんて「いま選べる選択肢から選んだに過ぎない」んだよなーて思った。

子供時代に駄菓子が好きだったのは、「子供が買えるものがそれくらいしか無かったから」では?

映画の好き嫌いや、漫画の好き嫌いはあるけど。
そもそも映画や漫画がなんで好きかって、「使える時間やお金の範囲で手が届くものがそれしかなかったから」では?
(私は映画も漫画もそれほどじゃないけど)

あるゲームメディアに、そのメディアを運営してる人たちが性格診断した記事があったのだけど。
やっぱ草食系?に偏ってる印象。
そりゃ心身ともにエネルギッシュな人は、そもそもゲームとかあんまり好きにならんよねと思った。

なんかそうのって、「娯楽がテレビしかなかったらテレビ好きになった」みたいなイメージ。
環境型の「好き」だと思う。

なんかなー。
それ違うんだよなー。
いやそうゆう好きで楽しめてる人はいいんだけど。
私の感覚だと「仕方なしにそれを選んだ」ように感じられてしまう。
好きってそれしかないのかな。

あ、肉体的な理由での好き嫌いはあるよね。
好きな味とか匂いとか。

私は強い光が苦手っぽいので、たぶん暗い場所が好きなのはガチ。
性格とかじゃなくて、快・不快レベルの話。

なんかこういう、環境とか肉体的な理由以外での「好き」って無いのかな?
(掘り下げたら快・不快になるんだろうけど。)

仕方なくじゃない、好きなものが欲しい。

ちゃんと嫌うと決める、ということ。

こちらの記事を読んで。

santasantasan.hatenablog.com
相変わらず面白いな~と思いました。
(へんな意味じゃなくて、興味深いというか)

このメール主さんの気持ちもめっちゃ分かる。
だからあんまりキツイことを言わんといてあげて(;▽;)と思う。
ただブログ主さんも本当にいっぱいいっぱいで、もう心底関わりたくないからこういう言い方になるんだろうなって。
このブログ主さんのように「自分が言いたいから言っただけ」と明言するのって、誠実さだと思いました。

自称毒舌系セミナーの人って「自分も過去にそうだったからこそ、キツイ言い方をするんだ」って、正当化する人多いですよね。
いやアナタとその人は違う人間ですから!って思う。
その言い方じゃ、伝わらんよと。
別になにも伝える気がなく「ただ嫌いだから距離を取りたい、その意思を表明したい」なら分かるんですよ。
それを「キツイ言い方じゃないと伝わらないから」とか正当化する奴。
いやそれ伝わんねーから。
つか、伝える気ないのに嘘つくなよ。お前が言いたいだけやんけ。

セミナー系の人って、感情が先走る人多いから。
言語で説明するのあんまり得意じゃない人多いよね。
気に入らない相手を客にしようと思わないのは、本人の自由だけどね。
ただ自分が言いたいだけ・伝える技術不足なだけの自覚もなしに「こう言わないと分からないから」「これで伝わらないなら本人の責任」とか言っちゃうのどうかと思うわ。

単なる人気商売と割り切ってるならいいけどね。
「私が思うプロ」とは違うというだけの話。
だから別に、それを正すべきだ!とも思わない。
ただ私ならもっと違うやり方するかな~と思っただけなので、いつかそういう仕事をする機会があればそうしようと思う。

※ブログ主さんやメール主さんを批判しているわけではないです。
(このブログ主さんは「お前が嫌いだから関わりたくない」と、ハッキリ言ってて面白いなと思ったの。)


ちなみに私もメール主さんと同じような「ガチガチの思考優位、そのくせ自分で決められない」人なんですけどね。
もし以前の私が同じ状況だったら「人を嫌ってはいけない」とか「相手or自分が100悪い」と思って、ガーっと頭で色んな言い訳(?)を組み立てていたと思います。

でもそれはただ「合わなかっただけ」で、どっちが悪いということではなくて。
だから許せ、ということでもなくて。
私もコイツ嫌いだから二度とブログ見ない!と「決める」。
いま変わりたいから何か受け取ろうと「決める」。
それでも私は悪くない、悪いのは100%コイツってことにしよう!と「決める」。
(↑思うんじゃなくて、決める。それは自分が決めただけって自覚して。)
とか、なんでもいいから自分の態度を決めることが大事だなと思います。

できる人からみたらビックリでしょうけど、決められない人ってこの「自分の態度(好き嫌い)を決める」ことすらできないんですよ。
だからアッチの意見もコッチの意見も鵜呑みにしようとしてパンクする。
フィルターが存在しないから、防御力0で全弾くらうんですね;;


ある意味、このブログ主さんは「メール主が悪いということにする(自分の世界のなかでは)」という態度をキッパリ示しているんだと思うんです。
それでいいんですよね。
自分軸があるってことは、ちゃんと人を嫌うこともできるってこと。
だからこのメール主さんも、へんに賢くあろうとか中立であろうとせずに「このブログ主サイテー!嫌い!」でいいと思います。

私は好きですけどねw

頭の悪い人が読む「池上彰のお金の学校」

知らないと損する?

池上彰さんの「知らないと損する 池上彰のお金の学校」を読んでいます。
私はお金の話が苦手なのですが、だいぶ読みやすい本だと思います。
それでも時々つっかえます。

たとえばこの部分。

政府が発行した国債を、一般の銀行や個人が買います。
中央銀行は、その一般の銀行が買った国債を買い上げる。
そこでその買い上げる額と同じだけの紙幣を発行するわけです。

は?

いや、流れは分かるんだけど。
なんでそうなっているのかが分からない。

単純に「発行した国債のぶんだけ刷っていたら、紙幣増えすぎね?」という疑問が。
調べてみたら、数字を増減しているだけで物理的にお札を刷っているわけではないみたい。(そりゃそうか)
中央銀行の通貨政策について。貨幣の供給量を減らす時は、中央銀... - Yahoo!知恵袋
日銀どうやって貨幣量を調整するか? 金融政策ってナニ? [社会ニュース] All About

日本全体の預金額よりも、発行されている紙幣のほうがはるかに少ないんですね。
電子マネーとかあるので、考えてみれば当たり前ですけど。
いっそ「現金廃止論」なんてものあるそうです。
日本円の流通量 - 日本と海外も含め、日本円の流通量(発行量)というのは、... - Yahoo!知恵袋

↓このへんも面白い。
国の債務を全て返済すれば何が起きるのか - シェイブテイル日記

流通量の増減とは関係ないけど、紙幣は耐用年数が数年なので毎年普通に破棄されて作り直されているとか。
日銀が回収した紙幣のその後は? | 【雑学トリビア王】面白いうんちく・豆知識がいっぱい!
へー。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

願いや夢がある状態は、もしかしたらシアワセじゃない?

こちらの記事を読んで。
santasantasan.hatenablog.com
第六感がピコーンとなりました。
体感としてはぜんぜん分からないんですけどね。
なんか、いつかそのうち理解できそうな話かなって。

好きなアーティストの曲に「ただ羽ばたくこと全てはその中に」という歌詞がありました。
「羽ばたく」って、なんか上昇するみたいなイメージもあるけれど。
たぶん文字通り「ただ翼を上下させること」なのかもしれない。

「生きるために生きる」って、すごくつまらないなと思っていたんですけどね。
もしかしたら「〇〇のために生きる」なんてのは、ただ生きることに理由が見いだせないから頭でデッチあげてるだけなのかも?
生きるために生きる=人生の意味とか超越した「人生そのものが意味」みたいな域に達してるんじゃないかしら。

ヒトとしてーとか、シャカイジンとしてーとかじゃなくて。
生命として「ただ在る」だけが全て、というのが究極なのかも?

でかい話でいうと、宇宙だって意味とかあって出来たわけでも存在してるわけでもないじゃん。
なんでそうなんですかって、ただ出来てそうなっただけやし。
だからそこで生きてる命とかもまたそんな感じなのかもねー。

って、ムリに自分を納得させる必要もないですけどね。
願望を押し殺して「わたし無欲ですー悟ってますー」って、ミニマリストアピールする人みたいで意味不明だし。
願望にがんじがらめで苦しい状態から脱するために、さっさと自分で叶えてしまえ!というのは面白いなって。
それで幸せになったら、それはそれでオーライだし。

桜

  • アーティスト: ZABADAK,小峰公子,工藤順子,新居昭乃,宮崎県民謡,上野洋子
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 1993/01/25
  • メディア: CD
  • クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (37件) を見る

【2018】1日1ページ手帳「EDIT」レビュー。日記も書けるデイリー手帳

ほぼ日手帳だけじゃない

ぼちぼち来年の手帳が発売されはじめる季節。
私はさいきん日記というか思考記録をつけているので、できれば毎日書き込めるものを探していました。

1日1ページ手帳としては「ほぼ日手帳」がテッパンですよね。
私も昔は使っていましたが、ページ下のコラムが余計と感じるようになってやめました。

ほかに1日1ページ手帳はないかと検索していたら、見つけました。
マークスの「EDIT」という手帳です。

マークス「EDIT」

サイズは、ほぼ日手帳よりひとまわり大きいB6変型。
ハードカバーでゴムバンドがついていて、持ち運びに便利です。
f:id:ao385:20170928010215j:plain
私はこちらの花柄にしました。
ページの側面が金ピカでかわいい。

f:id:ao385:20170928010202j:plain
デイリーページは1日1ページ。
中の紙は、ほぼ日手帳のような薄い紙です。

f:id:ao385:20170928010147j:plain
2018年1月はじまりの手帳ですが、マンスリーページは10月から。
巻末には路線図などがついているだけ、余計なページがなくシンプルです。

手帳にしてはちょっとお高い買い物でしたけど、気分がアガる手帳がほしかったので満足です。
すごく気に入ったので、久々にレビューを書いてしまいました。
お題「手帳」