ただのオタクのブログ。

お買い物とか引っ越しとか断捨離とか

ジェイコムの点検営業の断り方

電波測定?を電話で断った

先日「ジェイコムとURの共同点検」と名乗る男が、玄関口に来ました。
UR公認で定期点検をするので、〇日~〇日の間で日程を約束しろとのこと。

怪しいな?と思ったんですけど、寝ぼけていたのと丁度マンションのいろんな点検時期だったためうっかり承諾。
さいごにテレビとパソコンの台数を聞かれたり、名乗りもせず名刺も置かずに帰ったのでアカンやつやと察しました。

思い起こせば1か月ほど前に、明らかに怪しい「点検をするから日程を回答しろ」チラシが入っていました。
(そのためジェイコムの名前をなんとなく覚えていたのがアダとなりました)
これをスルーすると「提出がなかったので」といって家に来られます。
※チラシに「点検(営業)を拒否します。来ないでください」と書いて回答すればいいとのネット情報もありました。

このときはアポ取りだけですが、後日の点検と称した営業ではクソ遅い回線に乗り換えるようしつこく居座られたりするそうです。

電話で断る

というわけで、カスタマーセンターに点検キャンセルの電話をしました。

玄関口に来た男は、いわば居酒屋の客引き業者のようなもの。
実際に点検営業にくるのは別の人たちです。
アポ係・訪問営業・カスタマーセンターは別々の存在なので、それぞれの文句を他に言っても意味がありません。
カスタマーセンターのお姉さんもテレアポのようなものなので、こちらも淡々とキャンセル意志だけを伝えましょう。

カスタマーに伝えた内容は、
・ここで伝えた個人情報はキャンセルにしか使わないよね?という確認
・必要な点検ということだったので承諾したが、管理に確認したら任意点検だったのでキャンセルする
・電話番号&日程は担当者が知ってるはずだし、ファーストネームは元から教えてないから言いませんよ
 (日程だけはカスタマーでは把握できないからということで伝えた)
・ジェイコムのサービスを使う気はないので、点検営業はもう来ないで欲しいと担当者に伝えて
という感じです。

ネットの噂だと、なんぼ言っても来るみたいですけどね。
次からはチラシ拒否するか、ピンポンされてジェイコムと名乗った時点で「点検拒否するのでお帰りください」の一点張りでいいでしょう。