ただのオタクのブログ。

お買い物とか引っ越しとか断捨離とか

県外での賃貸契約に必要な「広域交付住民票」とは?転出前に必要なとき

本人確認がシビア

転出前に他府県に移転してそこで新しい住まいを探す場合、住民票の取得に手間取ることがあります。
うちは義実家の事情で四国から東京にUターンすることになり、そこで新しい住まいを契約するという事態が発生しました。

住民票のためだけにわざわざ四国まで行くのも難しく、先に住居を決めないと引っ越しのメドも立たないものですからちょっと大変でした。

広域交付住民票

通常であれば住民票(の写し)は、いま住民票のある市区町村で取得します。
区外や県外から住民票を取りたい場合は「広域交付住民票」を交付してもらいます。

広域交付住民票は出張所だとシステムがないため交付できないと言われました。
本庁にある区役所に行く必要があります。
本庁区役所ならどこの市区町村でもOKなので、最寄りの区役所で発行してもらいましょう。

また広域交付住民票には本籍地の記載はできないので、重要な手続きには利用できません。
(運転免許の更新もNG)

普通に賃貸契約するくらいなら問題ありませんが「世帯主との関係」などは申請書にチェックを入れないと記載されません。
契約に必要な項目は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。
xn--pqqy41ezej.com
ちなみにマイナンバーは申請しない限り記載されません。

本人確認

「広域交付住民票」の申請には、顔写真と現住所(住民票がある)が両方記載されている身分証明書が必要となります。
住基カードを持っていなくて、運転免許所やパスポートの住所更新を忘れているとハマります。

私は免許を持っておらず住民基本台帳カードをメインの身分証として使っていたので、私が家族全員の広域交付住民票を申請することで事なきを得ました。

転居したら身分証の類はすぐに住所変更しておきましょう。

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました

大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました