ただのオタクのブログ。

お買い物とか引っ越しとか断捨離とか

願いや夢がある状態は、もしかしたらシアワセじゃない?

こちらの記事を読んで。
santasantasan.hatenablog.com
第六感がピコーンとなりました。
体感としてはぜんぜん分からないんですけどね。
なんか、いつかそのうち理解できそうな話かなって。

好きなアーティストの曲に「ただ羽ばたくこと全てはその中に」という歌詞がありました。
「羽ばたく」って、なんか上昇するみたいなイメージもあるけれど。
たぶん文字通り「ただ翼を上下させること」なのかもしれない。

「生きるために生きる」って、すごくつまらないなと思っていたんですけどね。
もしかしたら「〇〇のために生きる」なんてのは、ただ生きることに理由が見いだせないから頭でデッチあげてるだけなのかも?
生きるために生きる=人生の意味とか超越した「人生そのものが意味」みたいな域に達してるんじゃないかしら。

ヒトとしてーとか、シャカイジンとしてーとかじゃなくて。
生命として「ただ在る」だけが全て、というのが究極なのかも?

でかい話でいうと、宇宙だって意味とかあって出来たわけでも存在してるわけでもないじゃん。
なんでそうなんですかって、ただ出来てそうなっただけやし。
だからそこで生きてる命とかもまたそんな感じなのかもねー。

って、ムリに自分を納得させる必要もないですけどね。
願望を押し殺して「わたし無欲ですー悟ってますー」って、ミニマリストアピールする人みたいで意味不明だし。
願望にがんじがらめで苦しい状態から脱するために、さっさと自分で叶えてしまえ!というのは面白いなって。
それで幸せになったら、それはそれでオーライだし。

桜

  • アーティスト: ZABADAK,小峰公子,工藤順子,新居昭乃,宮崎県民謡,上野洋子
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 1993/01/25
  • メディア: CD
  • クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (37件) を見る