マキシマリストの通販生活ブログ

お買い物とか引っ越しとか断捨離など

あるセミナーを受ける前の記録

7/1に、とあるセミナーを受講することにした。
私はこれまで自己啓発っぽいセミナーに、2~3回行ったことがある。
どれも見事に合わなかったのだけど。

今回のセミナーは、気が付けばもう1年以上もチラチラ覗いているブログのもの。
金額もそこそこなので、これで合わなくてももう最期という意気込みでいく。

私はけっこう影響を受けやすいので、受講後は思考や言動がすごく変わると思う。
(一時的なものになるかは分からないけれど)
受講前にいまの「事前感想」を記録しておく。

子宮女子

事前情報で少し気になっているのが、主催者さんがちょっと「子宮女子」はいってること。
流行ってますよね子宮系。

こういう系の人が、いわんとしてることは分かるんですけどね。
ただ「子宮」ってすごいパワーワードすぎません?
個人的にはけっこうドン引きします。

でも私も思考優位になりすぎて身体性がすごく弱いので「もともとの生物に備わっている機能に沿うのがモアベター」という話なら、なんとなく理解できます。

布ナプキン信仰はちょっとなぁ…。
だったら化繊の下着はいいのかと。

腸推し

「女性は子宮で考える」とか「腸は第二の脳」とか、いろんな言説が増えてきましたよね。

なにかで読んだんですが、生物が脳を獲得する前の生き物(イソギンチャク?)にも生存本能があったという話。
脳がないならどこで考えてるんだと。

そういう生物には口と腸しかない。
だったら「腸が考えてる」とするしかない、という説がありまして。
(ここでいう「考える」とは、我々が思うようなことではないだろうけど)

これに妙に納得してしまったので、私は「腸」推しです。
「それは単に口とか腸が反射してるだけ」といわれるかもしれませんけど、脳だってただ電気信号に反応してるだけともいえますしね。

お金のハナシ

あともうひとつ気になるのが、お金の話の書き方が合わないこと。
べつに「お金って汚い」とか思ってませんけどね。

お金ってなにかの副産物だと思うので、主目的にするようなもんじゃないと思うんですよね。
血液がないと人は生きられないけど、血液のために生きてるわけじゃないじゃんみたいな。

私はやっぱ面白いこととか、好きなことを一番渇望しているので。
お金至上主義って単純にセンスないなぁと最近思います。

べつに主催者さんがお金至上主義ってわけでもなさそうなんですけどね。
たんに単語のチョイスが好みじゃないだけ。


ここまで引っかかることがあるなら、受講しなきゃいいじゃんてなりますよね普通。
けれどもう1年以上も気になっているので、その気がかりを払拭するためだけに受けてもいいやと思ったんですね。
前に進みたい。

あとやっぱ、実際会ってみないと分からない。
私マルチとか大嫌いですけど、夫は元マルチャーですし。
なにごとにも例外ってあるよね。

それから今までのセミナーと違って、女性主催なのももしかしたらカチっとくるかもしれない。
基本的に男嫌いなので。
(虚構のプライドが高い奴が多くて、自分もそうだから真正面からぶつかる)
(無能なくせに偉そうな男って多くないですか?)

というわけで人生最後のセミナー(?)がんばってきます。