ただのオタクのブログ。

お買い物とか引っ越しとか断捨離とか

姉が入院したり、萌えを再発見したり。

先月参加したセミナーの、当初のフォロー期間が終了。
(今回たまたま半月延長されたので、まだ2週間あるけど)

結果的には、参加してよかった。
けど、おすすめはしない。
こういうのって、本人のヤル気やタイミングが大事だと思ったので。
誰かに背中押されていったんじゃ意味がない。
自分がピンときこそが「その時」なので、そうなったら手を伸ばせばいいのだ。

というか自然に手が伸びるので、ゴチャゴチャ思考してそれを邪魔しないこと。
自分に必要なもの・時くらい、肉体だけで判断できるんだよね。
わざわざ頭で考えなくても、その程度の機能は肉体に備わってるわけ。
イソギンチャクなんか脳なくても生きてんだから。

その感覚を頼りにして失敗したなら、感覚が鈍ってる証拠だから先にそっちをどうにかしたほうがいいし、
いわゆる「失敗」も、それに気づくためだったりするから別に構わないんだけどね。多分。


そうこうしてる間に、統合失調症の姉がいよいよ閉鎖病棟に入院させられたそうな。
私の中で姉はガリ勉キャラのイメージで止まっているので、なんかもう想像つかない。
姉は母に輪をかけて、とにかく他人のことが気になるタイプ。
ずっと他人の悪口ばかり言ってて、いよいよ病気になってしまった。
(病前性格が悪口となって出ていただけかもしれないけど)

私にもよく電話かかってきたけど(とらなかったけど)、
すでに実家出てから20年近くたつ、ほぼ他人のことがなんでそこまで気になるのかと。
一緒に生活してた期間の方がすでに短いじゃん。

まー私も親のことはなかなか吹っ切れなかったので、気持ちは分かるけど。
要するに自分の足で立とうとしてないんだよね。
その概念すらない。

だから他人に寄り掛からずにはいられない。
自家発電できないから、他人からの情報・外部からの刺激を絶えず求めまくる。
分かる、分かるよー。


私は私でセミナーのおかげ&自分のがんばりのおかげで、やっとその世界から抜け出し。
そしたら自分に関係ないことには、いよいよ興味なくなった。
「自分に関係あること」って、そんなに多くないしね。

そしたら急に、以前からちょっと気になってたアニメのキャラに対する萌えが溢れた。
今までめったにキャラ萌えとかしなかったのに。

私はけっこう漫画描いたりコスプレしたり、昔から好き放題やってたように見られているけど。
実はかなり打算でやってたんだよね。
最初は趣味だったのが、だんだん計算でやるようになっていた。
(近しい仕事をしていたせいもあり)

だから特定のキャラにハマることはなかったんだけど。
自分の「ニセの興味」を削いでいったら、萌えが爆発したよね。
学生時代の友人が当時キャーキャーいってた気持ちが、やっと理解できたよ。

そのジャンルはもうとっくに人がいないので、逆にひっそりピクシブとかで何か描いて自萌えしてもいいかもしれない。
わざわざ他人に見せたいとも今は思ってないし。

唯一残ってるサークルさんの本を買いに、はじめてコミケに行ってもいいかもしれない。
(コミティアとか参加したことあるけど、本家本元の「コミックマーケット」には実は行ったことがないのだ)


自分が幸せになったり楽しくなるために、他人は必須ではないんだなと。
他人を得て爆発することはあっても、まず自分が燃えてなかったらあかんよね。

みんなのくじ 絶対絶望少女 ダンガンロンパ AnotherEpisode ラストゲット賞 ジェノサイダー翔フィギュア ?パールカラーver.?