読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキシマリストの通販生活ブログ

お買い物とか引っ越しとか断捨離など

カフェオレとカフェラテの違いは「コーヒー豆」と「ミルクの量」

オレ、ラテ、モカ。

カフェオレはお好きですか?
私は苦いコーヒーが苦手なので、カフェに行くとだいたいカフェオレをオーダーします。

あったか~いカフェオレでほっと一息つくのもよし。
暑い日はアイスカフェオレをグビグビ飲むのも美味しいですよね。
ところで先日、某カフェチェーン店に行ったときある疑問が浮かびました。

メニューに書かれた「カフェラテ」と「カフェモカ」の文字。
この2つって何がどう違うんでしょう?

気になったので調べてみました。

カフェオレとカフェラテの違い

まずカフェオレとカフェラテの違いから。
オレはフランス語、ラテはイタリア語が語源なんだそうです。
どちらも「牛乳入りのコーヒー」という部分は同じです。

しかしオレとラテでは使われているコーヒーが違うんです。
オレのコーヒーは普通のものですが、ラテのコーヒーは深煎り豆を使用した「エスプレッソ」。
またミルクの量もラテのほうが多いんです。

コーヒーとミルクの深い味わいを楽しむならラテを飲みたいですね。
f:id:ao385:20160805201804j:plain

カフェモカの違いは?

お店によっては「カフェモカ」というメニューもありますね。
カフェモカはオレやラテとは明らかな違いがあります。

それはチョコレートシロップやココアパウダーが入っているという点。
甘さを加えたデザート感覚のドリンクなんですね。

疲れたときに甘いものが欲しいときはカフェモカが飲みたくなりますね。